【体験談】妊娠・出産でかかった費用を計算してみた【合計582,444円!】

出産・育児

こんにちは、たかぎです。

出産を間近に控え、最近気になること

それは、

「妊娠・出産関係でトータルいくらかかったんだろう?」

ということです。(いまさら)

通院にかかる医療費、マタニティ用品・赤ちゃん用品の購入…

毎月確実にお金が出ていっているのにも関わらず、

ここまで全く支出管理ができていません…

自分事ながら、この調子では

子どもが生まれてからも教育費用貧乏になってしまいそうで心配です…💦

ということで、いい機会でもありますので、

今回の記事では私の「妊娠・出産でかかった費用」をまとめてみました。

・これから妊娠出産を控えている方

・妊娠出産を希望されている方

の何かしらの参考になればと思い、

できるだけ具体的な数字を公開していきます。

お読みいただけますと幸いです。

妊娠・出産でかかった費用(税込)

医療費(妊娠発覚から出産までの自己負担額)

合計 445,000

【内訳】

医療機関通院費出産費(無痛分娩)NIPT合計
①かかりつけのクリニック32,920円0円0円32,920円
②昭和大学病院27,380円270,000円107,000円404,380円
③その他クリニック7,700円0円0円7,700円
合計68,000円270,000円107,000円445,000円
ナマケモノ
ナマケモノ

NIPT(10万)と無痛分娩にかかる麻酔代(15万)の費用負担が大きかったです。

どちらも健保適用外・全額自己負担のオプション項目なので、

やむを得ないかな…と思っています💦

妊娠・出産関連の書籍代

合計 10,065

ナマケモノ
ナマケモノ

初めての妊娠出産だったので、

勉強のために色々と購入しました。

戌の日参り代

合計 12,000

妊娠7ヶ月で迎えた戌の日に、夫と2人で「水天宮」へ安産祈願に行きました。

ご祈祷(御初穂料)・撤下品 | 水天宮
水天宮のご祈祷のお初穂料、撤下品についてご案内します。安産祈祷、お宮参り、七五三、子授け、厄除け祈祷。水天宮は中央区日本橋蛎殻町のお宮(神社)で、安産・子授け・七五三・初宮(お宮参り)・芸能祈願・水難除けなどのご利益で知られています。

安産祈祷に加えて、御子守帯などを授けていただき、この額となっています。

ナマケモノ
ナマケモノ

この時いただいた「安産御守」は、いつも通勤バックに入れています。

マタニティ用品代

合計 96,359

【内訳】

購入項目費用
母子手帳ケース3,740円
マタニティウェア(通勤着・下着・パジャマ)36,349円
スニーカー15,400円
通勤リュック18,700円
妊娠線予防クリーム20,320円
サプリメント1,850円
合計96,359円
ナマケモノ
ナマケモノ

妊娠線を作りたくなかったので、妊娠線クリームはケチらず、

どんどん使用・購入しました。

赤ちゃん用品代

合計 16,115

【内訳】

購入項目費用
おくるみ4,840円
ベビーウェア8,558円
小物2,156円
おむつ561円
合計16,115円
ナマケモノ
ナマケモノ

国と自治体から16万円分のカタログギフトをいただいたので、

出産直後までに必要なものだけ自費で購入しました。

出産関連用品代

合計 2,905

【内訳】

購入項目費用
ストローホッパーキャップ437円
産褥ショーツ1,188円
お産用パッド1,280円
合計2,905円
ナマケモノ
ナマケモノ

出産先の病院からいただいた事前準備品リストを元に、

最低限必要なものを購入しました。

【まとめ】妊娠出産でかかった費用は「582,444円」!

これまでに挙げた妊娠出産にかかった費用を合計すると、

合計で「582,444円」でした。

【内訳】

項目費用
医療費445,000円
妊娠・出産関連の書籍代10,065円
戌の日参り代12,000円
マタニティ用品代96,359円
赤ちゃん用品代16,115円
出産関連用品代2,905円
合計582,444円

「やっぱり結構かかっていたんだな…」

というのが、今回計算してみての正直な感想です。

妊娠出産費用は10ヶ月かけて少しずつかかるものが多く、

費用がかかっている感覚を持ちにくいのが、恐ろしいですね…😰

これから子供が生まれ育児に入った後も、

かかった金額を定期的に集計し、

夫婦でお金について相談し合う機会を作っていきたいと思っています。

ナマケモノ
ナマケモノ

今後は妊娠出産にかかったお金を『医療費控除』『国・自治体の補助金』を活用して、少しずつ取り戻すフェーズです…!

こちらも別途記事にまとめます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました